表彰式・CWT種目優勝!!

バーチカルブルー閉幕しました、今は表彰式です。
私はおかげさまで
コンスタントウエイトwithフィン種目 優勝
91m=日本アジア記録・世界歴代3位 となりました。
今まで世界歴代3位"タイ"でしたが、これで『世界で3番目に深く潜る女性』になることができました。
応援ありがとうございました!!


今日の最終ダイブは未達に終りましたが、2年ぶりに自己ベストと日本アジア記録を更新できた事、目標の一つである100mダイブへ現実味を持てた事が大きな収穫です。

私の競技活動をいつも支えてくださっているスポンサーのスズキマリン様、
岡本美鈴サポーターズクラブ様、
アスリートエールのミニスポンサー様、
サプライヤーと関係者の皆様に心より御礼申し上げます!
 
そして日本から熱く熱く応援してくれた皆様。
どんな時も寄り添って頂き本当にありがとうございました!!

まだまだ道は遠いですが、一つの山頂の姿が見えてきました。
あとは自分に何が足りないのか?ひとつひとつ検証して積み重ねてゆく事・・・というわけで、ここからまた練習の日々がスタートです。ちょっとワクワクしています。相変わらずスローペースかもしれませんが、これからも見守って頂けたら嬉しいです!

 
日本女子はこの大会で全員が自己ベスト更新!
Japanの強さは有名です!
 
JUGEMテーマ:スポーツ

今日のダイブはキャンセル



今日は93mを申告していたのですがキャンセルしました。
どうも疲れが抜けきらず、今朝から頭痛というか頭がとても重い。
昨日は無かったのに‥どういう仕組みでこんな風になるんだろう。なかなか思うようには行かないですね。

だけど無理すればこの競技は命の危険も伴う。夫からも『仮にダイブが成功したとしても次の深さには何も繋がるものは残せない』と助言をもらいました。私のゴールはここではありません。だからこの先を見越して課題を洗い出せるようなダイブをしたい。その為に今日はブルーホールにはいかずに休みました。夫や他選手の応援やサポートもしたかったけれど、ここは我慢!です。

ここまで来ての一本のダイブがどれだけ貴重か…とか、昔の自分はそんなこと無かったのに‥など、潜りたい気持ちを押さえてのキャンセル判断はいつも辛い。しかし今の自分には2日くらいのレストを入れればベストを尽くせるというペース配分もわかってきました。レストも作戦のうちですね。

明後日にはお別れのバハマの緑がとても綺麗です。
強風なのでサンドフライも来なくて快適。
さゆる(木下さゆり選手)にもらった甘酒飲んで一息つこう。

明日は大会最終日!
 

バハマ大会 91m自己ベスト(日本アジア記録)達成!

本日の競技で91m申告・成功しました!
自己ベスト1m更新、日本記録を更新することが出来ました。
応援下さるみなさま、ありがとうございます!!
Facebookページのコメントもメールもメッセージも本当に力になっています!
 

 
昨日の競技は背中と腰の痛みで朝競技参加をキャンセルし休養したのですが、
その判断が良かったのだと思います、今日は腰の痛みはなくなっていました。



緊張感はいつも通り。あっという間にオフィシャルトップを迎え入水していました。
潜りながら91mまでは、練習通り順調です、目指すはロープの先にある91mのボトムプレート。
 
お皿のようなものがセットされ、選手が持ち帰る札(タグ)が貼られています。
その周りにはタグの他LEDライトやビデオがセットされているので真っ暗闇からボトムプレートに到達するときは、周囲が明るくなってきて宇宙船に降り立つような感じです。

そんな90mはどんなところかというと、
水圧でお腹はぺちゃんこ、体感では心地よい場所ではありません。誰もいない宇宙空間のようでした。

タグを取り急いで浮上。帰り道は身体の力が尽きてしまうところがあります。
ここでしっかり心を明るく保って泳ぎ続けられるかどうか?この時に頂いた応援や支えて下さる方々の事を思い浮かべるのです。

今日はとーっても辛かったけれど、しっかり浮上できました。
ジャッジに言う「アイムOK!!」の声が大き過ぎて、篠宮龍ちゃんに「ヤンキーみたいだったよ、もっと可愛くいいなよ」と笑われてしまいました(笑)そうなのです、超かっこわるいのですが・・・叫ぶ余裕がまだあるという事も次のダイブへの自信につながるので個人的に満足です。
 

 
長かったバハマ遠征も残りわずかとなりました。
あと2回のダイブ、どうなるかな。体と相談して明後日の申告を決めようと思います。

応援ありがとうございます!!


JUGEMテーマ:スポーツ

Vertical Blue2014

トレーニング期間があっという間に終わり11/27より「バーチカルブルー2014」がスタートしました!選手は12/5までの大会期間中6回のダイブを行います。
参加種目は各選手自由に選択できるので、私はCWT種目(フィンをつけて深さを競う種目)メインでエントリーしています。
 
  photo by Ryuzo Shinomiya
 
私は大会初日の27日に無事に86m、今日はCWT89mを潜る事ができました!
Facebookやメッセージでも温かい応援をたくさん頂いています。本当にありがとうございます!
 
2年前の自己ベスト90mにあともう少し、明日は大会はお休みの日なので疲労をとりながら残りの競技で少しづつ深度を上げて自分の身体の声を聞きながらチャレンジしてゆきたいと思っています。
 

 
86m、89mのダイブ共に耳抜き技術はとても安定してきました。水圧による肺やサイナスへの障害や影響も今の所ありません。このまま深度は伸ばせそうなのですが、問題は浮上に必要なスタミナです。2年前の自分に比べて様々なトレーニングを増やしてきたので体力はついていると思うのですが、やはり帰り道はとても長く感じ疲労感も強く・・・これが次のダイブ時の恐怖感や緊張感につながりやすくなっています。
 

 
残り4回のダイブが終るまでしっかりケアを行い疲労を除きながら潜ることと、心のコントロールがポイントですね。
調子がいい時ばかりではない、悪い時も自分としっかり向き合って出来る事をやろうと思います。その積み重ねでいつか恐怖感や緊張とうまく共存できるようになり、進化した自分に出会えるのだと信じています。

 
  photo by Ryuzo Shinomiya
 
潜る日は朝から笑われるくらい緊張してしまうのですが、ウォーミングアップ中は応援して下さる方々を思って過ごしています。気づくとあっという間にスタート時間。そして浮上時には苦しくて心が折れそうな時があるのですが、おかげさまで明るい気持ちで浮上できます。自分だけでなく多くの方と共に生きているんだという事を感じられるこの競技はとてもドラマチックだと思います。
 
このバハマの海でこんな深さにチャレンジするなんて私ひとりではとてもなし得ない事でした。こうしてチャレンジができるのも多くの方々の応援ご支援と家族の支えがあっての事。1日1日を大切に感謝して過ごしています。

JUGEMテーマ:スポーツ

バハマでトレーニング開始!

バハマのロングアイランドにて毎年開催されている国際大会 『SUUNTO VERTICAL BLUE (バーチカルブルー)2014 』が11/26から始まります!
 



私と福田朋夏選手は昨日からバハマの現地入りをし、今日15日から練習を開始しました。
1年ぶりのブルーホールです。今日は久しぶりのディープダイブだったので軽目の申告をしました。
今日のダイブはフィンワーク、耳抜きスキル、リラックス共に問題なくこなせました。これからが楽しみです!
 
 photo by Tomoka Fukuda
 
トレーニングができる期間はあと一週間ほどしかありませんが、安全第一で出来る事に集中したいと思います。
夜は朋夏お手製のスープと持ってきた日本米を大切に炊きました、美味しかった(涙)

シルクのスカーフのように。


JUGEMテーマ:スポーツ

コンスタント本番当日

大会2種目目の競技、海洋のコンスタントウエイトwithフィン競技が昨日9/23に行われ無事に日本女子全員ホワイトカードを獲得できました!昨日のダイブは安全圏の申告でしたが失敗できない緊張もあり自分の中でも印象に残るダイブとなりました。
アルバムはこちらです!


ーーーーー
9/22夜 スタートリスト発表
 各選手は潜る予定深度を前日のうちに提出し、男女ミックスで深い申告順でスタートリストが作られます。
このスタートリストは前日発表され、これにより全員の申告深度が明らかになります。
日本女子3人全員のダイブは合計で1番深く、成功すればチェコを抜いて2位となることが分かりました。
夜ご飯を食べながら日本チーム全員で打ち合わせ。団体戦特有の緊張と共に「絶対負けない」という強気な自分も出てきます。3人でホワイトカード(申告深度を潜り競技を終えた事を認めるジャッジ判定)を取る事と、何かアクシデントがあれば安全第一で引き返し無事に戻る事を約束しました。
寝る前にストレッチを行い、器材チェック、コーチとウォーミングアップ手順の確認をします。1秒1秒オフィシャルトップ(競技スタート時間)が近づいているのを感じます。
頂いた応援メールやメッセージをひとつひとつ読みながら温かい気持ちでベッドに入りました。

9/23 8:47出港
撮影:野田幾子さん
当日の朝は、港からゾディアックに乗り沖の競技船まで30分かけて競技船に到着。海は波が高いけれど、しようがありません。入水直前は呼吸法で集中を保ちつつも緊張で何度も吐きそうになります。
いつも通りウォーミングアップを終えましたが前選手の時間が遅れていました。「自分のスタート時間もズレるよね?」と思いきや競技ロープについたらすぐ2分前!のコール。少々ビックリでしたが、これもよくあること。後は「いつもの場所へ」いくだけ準備は万端でした。

10:26 オフィシャルトップ

いつもの手順で耳抜きを行い潜行してゆきます。
なるべく足を使わないようにフィンキックを続け、キックを緩め減らしてゆき、最後は身体の動きを全て止めます。
水面では25℃だった水温が81mでは16℃まで下がります。この温度変化で水深がわかるようになりました。こういう変化があるのは楽しいし、冷水に包まれると内観と集中がしやすいので私は好きです。深い場所は青のレイヤーが重なる紺色の世界でした。神秘的な青い宇宙です。しばらくして申告の81mのプレートに到着。タグを取りターンをしていました。

10:29 浮上
撮影:野田幾子さん
 ターンをしてからの浮上開始直後で身体中に疲労感が広がり力が入りにくくなるゾーンがあります。その部分で大切な事は気持ちをしっかり明るく保つこと。その精神力でフィンキックが継続できます。

今回も応援してくれる人達を思い浮かべて「ありがとう!会いたい!」と思いながら泳ぎ続けました。
この時は苦痛も不安も大きいけれど、自分にとってはとてもドラマチックな瞬間です。
やがて窮屈な水圧が弱まり水温がぬるくなり、20m付近でセキュリティダイバーと出会いました。最後は気合を入れて浮上。ロープを掴み、ルール通りのサインを出します。コーチの松元メグさんが声かけしてくれて正確にできました。ホワイトカードが出され潜水成功!

何とか2位へ
 競技後は緊張の糸が一気にほどけて、やっと自分の周囲の風景や音が入ってきます。
スタッフやこれから潜る選手も祝福してくれて、コーチのメグさんとハグ。
福田朋夏選手78m、廣瀬花子選手70m、私の81mは全て成功しました。
日本女子は2位!

海から戻ると、3人とも体中の力が抜けてどっと疲れが出てきました。
胃も痛いし相当緊張していたのだと思います、でも終った後は最高に幸せです。
多くの選手がそんな顔をしています。これも団体戦の醍醐味の一つなのだと思います。

残すはダイナミック種目。26日に競技を控えトレーニングです。
世界大会もいよいよ大詰めです!


JUGEMテーマ:スポーツ

【世界大会】CWT81m成功!


人魚JAPAN 暫定3位、スタティック種目終了

みなさん、こんにちは!
今日は休養日、ネットの状況が落ち着かない日々ですが今は何とかつながっているようです。

20日は最初の競技日でした。スタティック(息止め時間を競う)種目。

人魚ジャパン女子3人は全員6分越えし無事にホワイトカードをゲットしました。

現在ロシア、チェコに次いで暫定3位となっています。
明日の海洋コンスタントウエイト(海洋で潜り深度を競う)種目でまた大きく変動があるかもしれません。

スタティックはここ数年苦手な種目で現地入りしてからかなり練習してきました。
団体戦はミスが許されない事もあり、個人戦のスタティックより格段に緊張します。
私は2年前のフランス団体戦では5分半ばで浮上、実力を出し切れなかった後悔があり今回は余裕を持って浮上しても6分は越える事を目標にしてきました。

入る前のストレッチ、寒さ対策、呼吸法、息の入れ方、脱力、集中、苦しさとの共存、そして浮上後の呼吸とサイン。
無意識で行ってきた基本のスキルをひとつひとつ点検し確認してゆく。その中でやはり忘れていたものや、勘違いしていたものが出てきて修正する・・・その繰り返しでかなり調子が戻りました。

本番ではやはり心臓が太鼓のように早打ちしてましたが・・無事にの競技でも6分越えることができました。
結果、私と朋夏選手は6分3秒、花子選手6分1秒と全員成功!
スタティックはメンタル次第で結果に大きな影響がでる種目です。トレーニング期間から競技日までモチベーションを保ちつづける事ができたのもジャパンチームのみんなとコーチ、日本から応援下さる皆さんのおかげです。本当にありがとうございます!

スタティック、ロシアはやはり世界記録を持つナタリア選手が8分半もの記録を打ち出しました。浮上後も余裕ありで強気で攻めてきます。チェコは1人が7分、他メンバーも6分以上という記録で全員強い。2国はダントツです。
驚いたのはイタリアの選手2人がコーチタッチにより失格になってしまい最下位になってしまったこと!
浮上後の選手はジャッジからホワイトカードが出るまでは誰にも触れてはいけないというルールがあります。選手はクリアなパフォーマンスをしていましたが、私の目から見ても息止めをサポートするコーチの距離があまりに近く気になっていました。ルール認識の食い違いがあったらしいという話は聞いたのですが・・イタリアはホームだけあって優勝を目指していたはずで、こういう結果はライバルとしても非常に残念です。私達は現在3位ですが、それでも他国を意識することなく、自分達のできる範囲でキッチリとポイントを積み重ねようと声を掛け合っています。




ホテルの中やレストランなど多くの選手が集まる場所ではなーんとなく深いところでの心理戦が始まっている雰囲気です。これも団体戦ならではの面白さのひとつです。お互い挨拶やおしゃべりは普通に交わすんですけどね、ライバル国同士の立場なのでお互い聞きたい事も伏せながらのおしゃべりになったりします。私もわざと探りを入れて「それはシークレット♡」とか言われたり(笑)結構楽しいです。全ての競技が終わりセレモニーになるとそれが解禁!になるのでそれを楽しみにしている選手も多いと思います。

ひきつづき応援よろしくお願いします!



JUGEMテーマ:スポーツ

世界選手権明日から競技スタート!

こんばんは!サルディーニャは夜です。
世界選手権は先日の開会式と本日の公式練習を終えて
明日は一種目の競技となりました。
プールのスタティック(息止めの時間を競う)種目、スタートリストはこちらです。




団体戦はミスのないパフォーマンスが大切。
ライバル国からのチェックや監視も過去最高に多くなると思いますが、
いつもの事をいつも通り‥‥平常心でこなしたいと思います。
そして、クリアに上がり日本チーム全員でホワイトカードを取ってきます。
応援よろしくお願いいたします!!



<< | 2/3PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

【 岡本美鈴 関連サイト】

【スポンサー】

     

【PRアクション】

yossu_2012.png

sakura_bannar.png

hoanchou.png

【サポート】



【岡本美鈴サポーターズクラブ・2016年法人会員様】
(☆モノフィン会員様)
☆やまき歯科クリニック 様
☆有限会社ロッキーマリン 様
☆株式会社 真鶴ベイマリーナ 様
☆アドバンスドプランニング株式会社 様
☆螢◆璽アイ・コーポレーション 様
☆株式会社小田原塗装 様
☆けやき通り治療院 様
・有限会社 銚子海洋研究所 様
・杉山農園 様
・ビックバリィ 株式会社 様
・製菓やたけ 様

【Athlete Yell ミニスポンサー様】
 (5000円〜6ヶ月お名前掲載。6ヶ月以上の月額ミニスポンサー様は継続掲載)
 《ミニスポンサー様》
  m1japan 様
  Kinko 様
  日田んもん 様
 《毎月ミニスポンサー様》
  Bistro辻庵 様(2011年〜)
  うさうさ 様(2011年〜)
  SAKI 様(2011年〜)
  みきた様(2014年5月〜)
 (2016年12月1日現在)
     

【お問い合わせ】

メディア・サポート関連
 sportsgain_s.gif
その他メッセージはこちら

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

Profile

このBlog内を検索

Others

Mobile

qrcode