バハマ大会セーフティチーム

Vertical Blue Team Safety
フリーダイビング競技の浮上時は水面に近づくほど酸欠症状が現れやすいゾーン。
そのゾーンはセーフティが潜って迎えにきて見守ってもらいながら浮上します。
迎えに来てくれるのは深いところで30m!
誰もいない暗い闇から上がってきて、彼らに会うと本当に嬉しい!
苦しい浮上中の心の支えになります。
photo by Ryuzo Shinomiya

この大会ではトレーニング期間からセーフティチームが一日中選手達のセーフティをしてくれています。
時には器材を車まで運んでくれたり、体調やトレーニングプランを気にしてくれたり、とても優しいし明るい。
オーバートレーニングの選手はいないかどうか、スクイズしていなかなどを確認しています。
トレーニング期間からすでにセーフティが始まっているのですね。
こういう考え方や動きもとても勉強になります。




 

コメント
コメントする








   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

【 岡本美鈴 関連サイト】

     

Categories

    

Selected entries

Archives

Recent comment

Links

Profile

このBlog内を検索

Others

Mobile

qrcode